学校生活理数リーディング校

1分野 課題研究の成果の展示物を作りました

18期生、第1分野の課題研究が終了しました。第1分野では、後輩たちの参考資料とするために、課題研究の成果を「報告書」に集約して完結しています。さらに、今年は課題研究の成果物を学校内に展示するための展示スペースを自分たちでコーディネートしました。博物館の展示のように、来場者にわかりやすく、かつ魅力を感じてもらえるように、説明書きなどを作成しました。一生懸命展示物をつくりながら、「もう少しこうしたかったなぁ」「誰かこの研究を引き継いでくれないかなぁ」という声も聞こえました。最後は自分たちで作った展示スペース前で、メンバー全員の集合写真を撮影して課題研究班を解散しました。記念写真はここに掲載しませんが、生徒たちは、非常に充実感のある良い表情で写っていました。厳しくいえば各班の到達点は決して高いとは言えませんが、高校生活の長い時間をかけて取り組んだ課題研究を良き思い出として刻みこんでほしいと思います。

※本記事に掲載している研究テーマは下記のとおりです。
「パッシブ制振装置を用いた船の客室における揺れの軽減」
「タイタン地表を快適に走行できる探査ローバーの開発」
「川流式水力発電の実現」