本校の3年の八戸咲紀さんと百々若菜さんが取り組んできた「タンタルコンデンサからのタンタル焼成体の回収」について国際ジャーナル誌International Journal of Environmental Science and Development(ISSN: 2010-0264 )(Global Impact Factor 0.876 (2015))に“Recovery of Sintered Tantalum from Tantalum Capacitors by Pyrolysis with Hydrotalcite Addition”というタイトルで採択されました。高校生が国際ジャーナル誌に掲載されるということはとても稀なことで快挙です。

掲載論文はこちら